日曜日の朝

毎週日曜日朝8府30分ごろ更新。役に立つことは書けません。

8月29日~9月4日 タウンワークに掲載されているレシピって誰向け

■8月29日日曜
夫の副反応がずいぶんと落ち着く。すっかり元気そうで、春巻きを食べていた。
夜中にバーガーキングのアプリを見て「ナゲットおいしそ~」とぼやいていたので「つくってみようか?」と聞いたら「ナゲットってつくれるものなの?」と大変驚いていた。目にものを見せてやりますよ。1枚残っていた鶏むね肉を叩いてミンチ状にして、味付けして、卵と小麦粉を入れて揚げた。ポテトも欲していたので冷凍フライドポテトも揚げてやった。ナゲット300g、ポテト400gのテラ盛りポテナゲセットじゃい。
ふざけた量なので食べていくうちに当然冷めてくるが、ナゲットが冷めてもずっとおいしかったのでいいレシピだった。
 
木下龍也『天才による凡人のための短歌教室』読了。
読むと短歌つくってみて~と思ってしまう呪いの本。
短歌づくりだけではなくて、創作や生み出す人全般に広く当てはまる内容だった。「プロの作品をたくさん見ろ」「とにかく毎日1作品つくれ」などなど短歌に興味を持ってしまった人をやんわりと沈めていく順を追った親切さ。私は短歌が好きな側の人間のはずなのでこういう本は危ない。
途中木下さん自身の歌の推敲手順も掲載されていて、推敲される前からよかったのに、ひとつ推敲されるごとに明らかによくなっていくのがおもしろかった。ただ文章を変えるのではなく、読者に何を読み取らせたいかをきちんと意図した工夫をしている。「自分が頭に描いているのと限りなく同じ絵を読者の頭につくりたい」と言っていた意味がはっきりわかる。文章のプロってこんなにおもしろいことしてるのか。
私の好きな歌、「どこへでも行けるあなたの舟なのに動かないから棺に見える」も掲載されていて嬉しい。何度読んでもすごみがある。掲載されていなくても覚えているからすぐに思い出せるけど、紙面上の活字として読むのとではまた味わいが違ってくる。
 
 
「テレビを見るのがタダなのってめちゃくちゃCMを見せられるから?」と聞いたら「気づいてしまったね」と言われた。
テレビへの興味は年々失われている。わざわざ高いお金を払ってテレビを見る以外できないでかい家電を買い、CMがたくさん入っていてなおかつ自分の価値観と合っていない映像を延々見せられることにおもしろさを感じない。
テレビの怖いところは口をあけてぼうっと見ていればたまにおもしろいことが得られてしまうところだと思う。これを見ていればたまにはおもしろいものが見られると認識してしまうと他のことを始めるエネルギーがぐいぐい奪われていくように感じる。意志を起こすのが難しくなる。だったら最初からテレビを見ない方がいい。
実家は母がテレビをずっとつけておきたい族だったので見るでもなく見ていたが、実家を出てからはテレビ自体持っていない。ネットフリックスとかの映像のサブスクリプションも入っていない。なんでかストーリーのある映像を見るのが苦手っぽい。見るぞ、とよほど思わないとできない。なんでだろう。
 
■8月30日月曜
用事を済ませにあっちこっちする。銀行周りをするのでいよいよ通帳ケースの出番。
通帳をまとめて入れておけ、磁気不良の心配がなくて、チャックの開きもよく、がばっと広げられるので楽。入出金したお金を折らずにそのままケースに入れておけるのも嬉しい。通帳を持ちながらお財布開け閉めして、とやるのは結構めんどうだったので。
通帳ケース便利です、おすすめ。
 
●通帳ケースはこれです、ボルドーにした。

hb.afl.rakuten.co.jp

 
夫がまだ副反応から回復しきっていないので道中はゆっくり歩く。夕方に出たけど気味の悪い暑さで、アイスをひとつ買ってわけながら帰った。夫はいつもなんでも私に多くくれようとする。ほしいときはそのままもらうけど、おなかいっぱいだったり充分もらったときはちゃんと断るようにしている。
 
前に話があった「オンラインレッスンやりませんか」の申し込みの準備をする。オンラインレッスンなのでクラフト系をやるつもりはなく、そうなると何をしよう。夫は夫でやることがなんとなく決まっているようで、それに紐づくことでもしようかな。私がやろうとしている内容は他のレッスンサイトではまだ見当たらなくて、もしかしたらいいのかなあとも思っている。
なんにせよ、はまるかどうかはやってみないとわからない。なんでもやってみたらいい。違ったら違うことをすればいいんだし。
 
Twitterヴィーガンについての記事が上がっていてとりあえずブックマークしている。
以前、ヴィーガンがなぜ植物を食べるのはokなのかがわからなくて調べたら「動物は痛覚があるから」とか「命を食べるのはよくないから」という理由が反ヴィーガンめいた人に挙げられていた。このときは全然納得できなくて、でもそれ以上調べることはなかった。
とりあえず先ほどの記事についたコメントを読むと「家畜を育てるためにあまりにも多くの植物を使用するため、自分たちが家畜を食べずに植物だけを食べていく方が結果として消費が抑えられるからそうしている。中には木から落ちたものだけを食べる人もいる」とあった。この理由ならヴィーガンの選択に納得できる。限りある資源を大切にしましょうねということであろう。だからエコやサステナブルも踏まえる人がいる。
ただこうなってくると、そんなに資源を大事にしたいなら生きていかない方がいいのでは、という問いも生まれてしまう。ヴィーガンで反出生主義というのはあまり聞かない(その分野に明るくないだけかもしれないけど)。特段問題なく子を成している夫婦が多い印象がある。
と書いたけどあんまりヴィーガンの夫婦って聞かないかもしれない。いらっしゃるんんだろうけど女性ひとりで登壇してたりしているイメージがある。もしかしてご夫婦は多くなくて反出生主義もやっている人が多いのか? そうならかなり強い一貫性を感じる。
 
上記のヴィーガンは本来、環境保全を主にしているという説を引っ提げて夫に審議を申し出る。
「夫ちゃん、前にヴィーガンが植物肉食べるのって結局肉食いたいんじゃんって言ってたじゃん、あれってそもそもヴィーガンは肉を嫌いで菜食になってるんじゃないんじゃない?」
「む? うーん、一理ある。でも彼らは命の不平等さを嘆いて、」
「あ、待って審議。そもそもの前提が違うらしいよ、ヴィーガンは環境や資源の保全のためにやってるみたい。牛が1日30kg植物を食べるからそこにかかる輸送とか諸々のコストを考えて、それなら自分らが肉やめて野菜食べる方がましじゃん? となったんだって。だから肉は好きなの」
「あ~そういうことなの? それならかなり納得だわ。植物肉の開発もどんどん進めてほしいね」
夫はかなり「話せばわかる」側の人だから助かる。
 
■8月31日月曜
すっかり受け忘れていた健康診断とインフルエンザの予防接種を思い出して調べた。めぼしいクリニックを探して要項などをまとめて夫に投げておく。
調べるのはまったく苦にならないけど予約の電話とかメールをつくるとかコミュニケーションを取らないといけないことはあんまりやりたくないので夫にお願いしている。夫はそういったコミュニケーションは抵抗ないが書類をつくるのが苦手なのでそういうことは私に任せてくれる。持ちつ持たれつでよい。
 
今日も今日とて用事を済ませに出かける。レッスンの件で書類提出のためにpdfを取る必要があったのでコンビニへ。
ちょうど昨日からおいしそうなアイスがコンビニ限定発売されている。すべてのコンビニのアイスコーナーをちらちら見ていたら歩いて20分くらいのコンビニで見つかった。気温的にアイスを持って20分歩くのはやや抵抗がある。諦めてパン屋の食パンを買って帰る。食べたかった。
いつもコンビニ限定のアイスを食べられない。夏からずっと憧れているMOW PRIMEのバタークッキーもどこにもない。あずきの方だけかろうじてあったけどそっちじゃない。そしてそれも今となって幻。
でももしコンビニ限定アイスを食べられないことで今までの運の良さが担保されてきたのだとしたら、甘んじて受け入れていこうと思った。でも食べたいな~~~。仕方ないのでスーパーで普通のMOWと卵を買って帰った。
 
月末なので家計簿を締める。
残ったには残ったけど、今月は妙なお金の減り方をしていた。米を2回買っているからだろうか。あとはいろいろ理由をつけて中食していたからそれも効いているのだろう。振り返れば納得の結果である。来月はもう少し自炊を増やすなり、ご飯の準備をさぼるにしても家にあるもので済ませるようにしたいな。毎月そんなようなことを言っている。
とは言え年始に楽天でした買い物の立替え分を余った分から徴収しているから、それがなければもっと貯金に回っているのでさほど深刻には思っていない。それよりいよいよ夏も電気代が1万円を超えたのでそっちの方が深刻。
さすがに大人ふたりがずっと家にいてエアコン入れて扇風機も回していると消費電力が大きい。ゲームもついてるし。でも夏のエアコンけちりは命に関わるので、この1万円が私たちの命を救ったのだ、と思う。使ったものは戻ってこないし。
貯金などまたATMにしまい込むお金ができたので通帳ケースにまとめておく。これができるのはなかなか便利でいい。助かる。
 
●通帳ケースのリンク再掲

hb.afl.rakuten.co.jp

 
締めた家計簿の内容を夫にざっくり伝える。ついでに株の報告もする。
好き勝手している個別株の方はありがたいことにずっと調子がよく、トータルで見れば基本的に含み益が出ている。とくに今なんかは日本株の優待の権利落ちも近づいているので全体的に好調。いいことだ。このままどこまでも行ってほしい。いくつか売ろうとしているものもあるのでこのタイミングで抜けられたらいいな。
投信は調子がいいものもあり、休みやすみのものもあり。これはそういうものでいい。じんわり伸びていってくれ。
 
手帳で8月の振り返りをする。今月立てていた年間目標は達成したものもあり、願望のまま残っているものもあり。9月に引き継ぐものがあれば刷新されるものもあり。
毎月目標を立てるときはどういう人生をやっていきたいかを基礎にして考えるけど、9月はそもそもの「どういう人生をやっていきたい?」のところをもう1回考えてもいいかもしれない。そういう時期。なんとなく新しいことが始まるような浮ついた気持ち。心によいことだけやっていきたい。
 
■9月1日水曜
噂によると1週間雨が降り続くらしい。そんなことなら昨日のうちに洗濯しておくんだった。
 
scrapboxをちまちまつくっていく。同居孤独死や糖尿病についてのページが増えた。
糖尿病ってあんまりどういう病気かわかっていなかったけど、知れば知るほど恐ろしい病気だとわかる。
血糖値の上昇を抑えるためのインスリンは一生のうちに人体でつくれる量が決まっているらしく、あんまりばかすか血糖値を上げているとどんどん糖尿病に近づいていくらしい。げにまっこと恐ろしきことである。
一生のインスリンの量が決まってしまっているのであれば、日ごろから血糖値を急激に上げないように気をつかわないといけない。日々の食事の内容や食べる順番などを気にしておく必要がある。最近お米に玄米や胚芽米を混ぜていなかったけどまた混ぜようかな。夫は「糖尿病家系じゃないから大丈夫」と言うけどだからと言って毎日血糖値を上げまくっていいってわけではないし、予防できることはしていきたい。長生きしたいし、してほしいし。
 
寝る前に少し本を読む。三島由紀夫が生前筋トレにいそしんでいたのは「切腹するときに腹から脂肪が出てくるとよくないから」らしい。世の中にはいろんな人がいる。なんとなく遠く思って読んでこなかった作家だけどそろそろ買ってみようかな。
 
この日はめずらしく日記をつけず、歯みがきもさぼり、寝るしたくを一切しないで寝た。しかも12時間くらい寝た。たまにはそういうこともある。
 
■9月2日木曜
12時間寝、起きたら16時をすぎていた。夫がやってくれるだろうと信じて寝たいろいろな片づけがすべてそのまま残っており、粛々と引き継ぐ。夫も眠かったらしい。雨だし。
 
明日にそなえてチャーシューをつくる。肉にしっかり焼き目をつけて、醤油と酒でつくったつけ汁にぶち込んで煮る。箸を刺して透き通った肉汁が出てきたらしばらくそのまま置いておき、冷めたらジップロックに煮汁と一緒にしまう。
夫のリクエストで明日はラーメンの予定。メンマはつくらずに買った。タケノコは高い。
 
今日も今日とて春巻き。近いうちに複数回つくることで脳にレシピを定着させている。献立のレパートリーを増やしたい。
夫がすっかり副反応から復帰したので今回は揚げたてを提供した。巻きは夫にやってもらう。春巻きの巻き方を知らない人だったので、少し驚いた。
えびが前回と違って小ぶりのバナメイエビにしたらやたらぷりぷりしていておいしかった。いかにもえび然とした存在感がある。背わたを取る必要もないので楽だ。エビチリとかえびがメインを張る料理では見た感じがさみしくなるけど、春巻きみたいに混ぜ物にするならこっちの方がいいかもしれない。
れんこんは入れ忘れたけどえびのぷりぷりさがアクセントになっていておいしかった。夫はれんこんを求めていたので次回は忘れないようにする。野菜室を見忘れたばっかりにすまない。しそは悪くする前に入れることができてよかった。このレシピにしそは必須。いい学び。
 
漬けているフルーツ酢の味見。酢の味がダイレクトすぎて「イッ!!!」と言ってしまう。
氷砂糖を15粒ほど足したが太刀打ちできるだろうか。普通の酢じゃなくてリンゴ酢とか甘みのあるものを使う方がいいんだろうな、きっと。
 
夫とまじのお金の話をする。
家の収入に対し収支がいくらあるのかをちゃんとエクセルにつけた。やらねばと思ってから半年以上経っていたのでできてよかった。
あらためて数字を出すとまあまあな逼迫状態ではあるが夫自身が悲壮感がないことや、削れるところはマックスで3ヶ所しかなく、そのうちふたつはなるべくやりたくないことなのでもう削れるものは削り終わった状態。あとは収入を増やす意外に道はない。至極まっとうな道のみが残されている。
収入を増やすとなるとオンラインレッスンの集客経路を増やしておいてよかったとしみじみ思う。まだそれで収入を得ているわけではないけど、経路がそこにあるというのが重要だから。持ち前の運の良さから鑑みるにこれはいい機会なんだと思う。なんでも少しずつやっていくしかない。まずはオンラインレッスン用の内容を組み立てていかないと。
それと家の貯金を少し使って個人的安全パイな株に投資しておくのいいかもしれない。配当をもらえるところにしておけば毎年1~2ヶ月分多く貯金できるつもり。皮算用。夫に候補の銘柄含めて聞いたら賛成してくれたので頃合いを見て買っておこう。
 
ついでにコインチェックの売買手数料を調べる。売買自体にはお金はかからず、仮想通貨を円に交換したあとの銀行への入金でだけ一律の手数料がかかるらしい。約400円ほど。そんなので儲かってるのか? 入金手数料は1,000円くらいかかるかと思ってた。
しかも貸株みたいに貸仮想通貨制度もあるそうで、1年貸すと約5%の利回りで仮想通貨が増えて返ってくるそう。すぐには売らないつもりだし貸してもいいのかもしれない。売りたいときにすぐ売れるんだろうか。
せっかくなのでマクロミルのポイントをいくつか使ってまだ弾けていない仮想通貨でも買ってみようかな。
 
■9月3日金曜
夫の通院の日。付き添いせず。前日時点で付き添いしないことが確定していたのでよしとする。
 
永久不滅リサーチポイントが10,000ポイントを超えた。永久不滅ポイントにして100ポイントである。2週間足らずでこれなら上々だ。利用者がさほどいないのか、朝来たアンケートが夜まで残っているのもいい。おかげでほとんどのアンケートを拾えている。強いて言うなら未回答のアンケートと回答済みのアンケートの表示をタブでわけてもらえれば嬉しいくらい。
 
昨日つくったチャーシューを厚めの短冊切りにして、にんにくとねぎと一緒に炒める。ご飯に乗っけてチャーシュー丼に。行ったことのない大勝軒なる店のまかない飯らしい。
チャーシューを素直に切って乗せた丼よりも焼いたおかげでジューシーで肉っぽさがある。ねぎもアクセントになっていておいしい。チャーシューの量こそ少ないものの食べ応えがある。次からチャーシュー丼はこれでいこう。力強く決心した。
 
以下、少し気味が悪かった話。性的な要素を含みます。
 
夫に「やっぱり思春期は胸が大きくなってほしいと思ってた?」という質問をされた。なぜか反射的にウッとなってしまった。
私は思春期ごろから肉体が女性であるメリットを感じていなくて、胸もむしろない方がいいし、月経なんてもってのほかというタイプだった。今もその考えはあって、男性の肉体は、レイプされても妊娠しないという点で圧倒的に優れている。別に男性の肉体になりたいわけではない。ドラム式洗濯機って便利なんだろうけど使いたいとは思わない、みたいな感覚。
その旨を言うと「でも胸が大きい方が男性に優しくされるじゃない?」と続く。これもちょっとウッとなる。
「その優しさって性交渉という見返りありきでしょ? そういうのは気味悪いから要らないし、恩着せがましく絡まれずに済む分やっぱり胸はない方がいいよ。絡まれる分危険も多いし恩恵にあやかれないと知ったときの手のひら返しも怖い」
「優しくしてくれる男性の母数は増えるよ?」
「増える前の人たちは胸の大きさに左右されず優しくしてくれるってことだからそっちの方がいいよ」
「うーん、確かにそうかも」
「前に夫ちゃんが言ってた、美人の女性にどんなことが大変か聞いたら”毎日でいろんな男たちがいろんな言い方でヤらせろって言ってくること”って話と同じジャンルだと思うよ」
という感じで話は終わった。
この質問がなぜかものすごく気持ち悪く感じて、夫婦という関係性で聞かれたから別にいいんだけど、自分の中のどこに置けば収まりがいいのかわからない。会社の人とかから聞かれてたらまじで嫌だっただろうな。ど真ん中のセクハラ。物理パンチで対抗していきたい所存。
経年によるものか時代の流れなのか思いのほかこういう話を食らうことに嫌悪感があるっぽく、だけどこの話のどこが嫌なのかがわからない。すべての女性はその肉体を性的用途で用いて多くの男性から優しくされたいよね、当然? という意味に取ったのだろうか。肉体で獲得できる一過性の他人の優しさや愛情には今のところ興味ないのだけど……、万が一そういうことに興味があると思われてたのだとしたらちょっと悲しいことだ。
まあなんか嫌だったなという話。消化不良のメモ。
 
■9月4日土曜
久しぶりに洗濯槽クリーナーを使って洗濯槽をきれいにする。祖父の家で見つけた年代物のクリーナーだったがきれいにしてくれただろうか。途中で汚れが落ちているかを見るのを忘れてしまった。
水曜から晴れる噂がある。そこまで洗濯を我慢してもいいけど、台所に吊るすハンドタオルがだいぶ溜まってきたので洗いたい。外出もあったので洗濯かごもなかなか潤沢である。雨のなかで干しても生乾き臭必至なので、洗濯槽をきれいにしておくことで部屋干し臭がましになることを願う。
 
手のひらで顔をなぜると頬が棘のようなものを感じる。のでハンドクリームを塗り始めた。昔何かのアメニティでもらったらしいラベンダーのにおいのそれ。最初塗った感じは古いせいか石油臭い気がしたけど2回目からはそんなに気にならなくなった。ちゃんとラベンダー的なにおいもする。
最近寝る前の椿オイルをさぼっていてささくれもひどかった。家にあるものを使っていこう年間も兼ねて皮膚の手ざわりを大事にしたい。と言っても肌につけるいろんなものがたくさんあるけどからだはひとつだし、そのからだに備わっている精神が怠惰なので機会があってもなかなか使わない。積極性を持って取り組んでいきたい。
しかしハンドクリームを塗った直後にトイレに行って手を洗うと虚しくなる。風呂のあとにトイレに行くのと同じ理論。
 
長嶋有の『三の隣は五号室』を読んでいる。2章が終わったところですでに「は?!」という展開を迎えてすでに緊張感がある。その1行何?! これからどうなっちゃうの……。
 
片づけの機運が高まっていて、読まねばと保管していた紙類に少しずつ目を通している。紙の処分ついでにもう1年以上ブラウザで開きっぱなしになっているおもしろ論文も読みたい。
古いタウンワークを読んでいて、タウンワークに掲載されているレシピって誰向けなんだろうなと思う。
 
久しぶりに夫がスマホゲームをしていたので、一緒に横になってのぞき込んでいたらいつの間にか寝ていた。もう9時になっちゃった、日記早めにアップしよ。
 
「今が未来さ」という歌詞の曲を聴いて2年前に見ていたアイドル育成ゲーム実況を思い出した。
書くと明日になるので割愛しますが、ひとりのアイドルがそれまでに大事にしてきた大きなこだわりを捨てて真の意味でひとりのトップアイドルになっていく過程にばっちり、もう爪の先も入らないくらいにはまっていて、それまで実況内で聞いてきた解説の数々を思い出していつ聞いてもこみ上げる。菊地さん……。
あとそもそも「今が未来さ」という歌詞が素直にすごくて、「今が」連続していった結果が「未来さ」とも読めるし、夢が叶ったという意味で「今が(あのとき夢見た)未来さ」でもいいし、どちらにしても当時メインで育成されていたアイドルの内面と相まって滂沱の涙が出てくる。自分の手で一瞬でも触れたわけでもないコンテンツなのによくこんな泣くよな。自分でも情緒が心配になる。あの回また見ようかな。
 
●Miracle Night

www.uta-net.com

「星に綴る願い事はこの夜全部叶うよ/空も飛べるよ」「今が未来さ!」
 
↓よければクリックお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村