日曜日の朝

毎週日曜日朝8府30分ごろ更新。役に立つことは書けません。

10月3日~9日 記憶の中の春

■毎日の日記を書くのはしばらくやったのでまだトピックごとにわけてみる。
 
■本の感想。
長嶋有『三の隣は五号室』。読んだのは先週だけどせっかくなので。
ああ長嶋有だなあとしみじみ感じる1冊。登場人物が多くて初めのうちは誰が誰やらとなりながら読んでいくが、だんだんそれぞれの人となりがわかっていき、愛着も湧いてくる。夜の車窓から明かりの灯ったマンションや一軒家を見て「あの明かりのそれぞれに違う時間があるんだなあ」と思う人が好きそうな本。
二瓶夫妻の妻が、自分に好きな芸能人やキャラクターがいると家族に思い至ってもらえないことがさみしいと思うシーンなぜが胸に来た。自分の行く末をたどるようでもあるし、実際に親らに対して素通りしてきた問いだからだろうか。最近は自分に対しても素通りしてしまっている気がする。好きなものを探すとか、新しく好きになれるものを探すエネルギーがない。それをとてもさみしく、情けなく思う。
最後の章の最後の住民の話で、今までの住民が抱いていた気持ちやジンクスのようなものを回収していくのが気持ちよかった。
読んでいるときもいいなあと思っていたけど、あとから断片的に思い返して「なんかよかったなあ」と感じそう。記憶の中の春のようにあとから効いてくるよさがある。
 
 
垣谷美雨『うちの子が結婚しないので』。母からの借り物。
この人の本はいくつか読んでいて(すべて母からの借り物)、その中でもこれが一番好きっぽい。いい読後感。
娘のための何度目かの親婚活で知り合った母親に「(娘の結婚相手の条件に)釣り合いが取れているのがいいとかって言えるのはあなたが苦労したことない証拠」と言われて思い切りうなずいた。
少し前にTwitterで「親ガチャ」という言葉がトレンドに上がっていた。「「親ガチャなんて親に失礼」とか「どんな環境に生まれても自分で努力するだけ」って言えるのは親ガチャに成功した人だけ」みたいなツイートをいくつか見た。恋愛に対しても同じで、恋人の条件に暴力を振るわないとかギャンブルで借金しな人いとかって言わないのは、まわりにそういう人はいなかったからなんだよなあ。だから「気の合う人と付き合いたいなあ」って言える時点で結婚できようができまいがかなり運のいいことなんだな。生まれ育った環境次第で人生の節目にかける枷の数が変わってくるし。親ガチャどころか生まれることそれ自体が大きな賭けだ。
この本では少なくとも親ガチャはうまくいっているからこそ親が娘のために時間とお金をかけて親婚活に行ってくれているのでそれは素直によかったよねと思える。
親婚活もいつか行ってみたいけどそのためには子を成し結婚できる年齢まで育てる必要がある。20年近い時間と何千万というお金がかかる超大技なので繰り出すのに躊躇する。
 
 
貴志祐介悪の教典上下』。夫からの借り物。
映画を見ていたからよかったものの見ていなかったらこの人数は危険だった。誰が誰だかわからずに話が終わっていたと思う。
蓮実が人を殺すことに対して「他の人より取れる選択肢が多いだけ」と返していたのがすごかったなあ。もっと遠い昔なんか気に食わないやつはさくっと殺していただろうし。今の世の中では労力と対価があんまり見合わないのかな。
一応今の憲法では厳密に人を殺すなとは明記されていないらしい(とは言え”やってはいけないこと”だから刑罰がある、だから人を殺してはいけないという意見もある)。
 
憲法はさておき、蓮実の理想の実現のために手間暇をかける情熱は素直にすごい。いろいろややこしくなっちゃったからいっそ他の先生のせいにして1クラス40人殺すか~とは私は思えない。40人殺してまで成し遂げたい理想なんてない。でもその労力をかけてでも成し遂げたいものがあるのはある意味しあわせなのかもしれない。情熱を持って生きたい。
ちなみに先日のねほりんぱほりん(女子刑務所回前編)いわく、人を殺した人が目が全然違うらしい。ビー玉みたいな目をしているそうで、そういえば映画版の伊藤英明さんも目がずっと黒かったなと思い出す。それも意識していたんだろうか。
 
「公園で『悪の教典』読むのは青空教室に含まれる?」と夫に聞いたらしばらく悩んで「ぎりそうかも」と言っていた。
 
 
■羽を伸ばしている
金曜から夫が親知らずの抜歯で実家に戻っている。親知らずが虫歯になっていると9月末の定期検診で言われていて急遽抜くことが決まった。
抜けた歯を見た夫が「確かに虫歯だった」と教えてくれた。抜けた歯を見たんだろうか。私も見たかった。人の歯なんてそうそう見ることないし、ましてや虫歯なんて。
 
こっちの家で一晩ひとりなのはかなり久しぶりなので羽を伸ばして積み本を消化している。いつもは私が祖父の家に行って夫がこっちでひとりなので。
ダイの大冒険をジャンプ+で途中まで読んでおり、単行本で1から読み直す。次の単行本を裏にして積んでいたせいで途中まで読んでいたところのすぐ続きのネタバレを見てしまった。途中まで見ていたあの戦いはどうなったんだろうと楽しみにしながら読んでいただけにこんなネタバレの踏み方をしたのが残念でならない。まああのキャラクターは遅かれ早かれ死ぬだろうとは思っていたけど。
 
友人の勧めのアニメ・エスケーエイトもちまちま見ている。シャドウが烈火の炎の土門に似ていて好感が持てる。烈火もまた読みたいな。
今は7話が終わったところ。暦とランガは早く仲直りしてくれ……。
3話か4話あたりのミヤが『悪の教典』の美彌とかぶって勝手につらくなる。名前一緒だし、どっちも悪い大人にそそのかれているみたいだし。あまねく子どもはしあわせであってくれよ、頼むよ。
 
他には夫のやりたいことの手伝いを始めた。今は全体像をつかむためにマニュアルみたいなものを読んでいる。あんまりマニュアルの精読に時間をかけてしょうがないのでやりながらつかんでいこうかな。数をこなせば慣れていくだろう。
せっかくだし気分転換がてら外で作業したいけどネットにつながないといけず、かと言ってポケットWi-Fiを持っていないので断念。自宅にて粛々とする。
 
アンケートサイトのモニターもやった。
最近立て続けに当選しているのでいよいよ夫も興味を持ったらしく、「どこのアンケートサイトでよくモニター当選するの?」と聞かれるけどわからない。謝礼がアンケートサイト上でのポイント付与ならわかるけどギフト券であることが多いからなあ。当選するときも「どこそこのアンケートサイト経由で申し込んだ……」とは言われないし。モニター調査はどこが当たりやすいんだろう?
 
ザバスソイプロテインがもう終わるのでマイプロテインを注文した。ソイよりホエイの方がいいのでは、とも思ったのでホエイにした。
海外からの発送だからか送料2,000円も取られるのが悔しくて1kg×3個買った。味がおいしいと聞くもののホエイ自体初めてなのでかなり賭け。初回限定40%オフにはなっているけど、どんなに安く買えたところでまずいものは飲みたくない。とにかく味がいいことを願う。そしてザバスがもう本当に残り少ないので1日でも早く届いてほしい。頼む。
 
おわり
 
↓よければクリックお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村